スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

下茹で大事。カブの葉とじゃこの炒めもの

食材は、無駄なく使いたいですわね
余すことなく、使い切りたいもので、ございます。

と言っても、ジャガイモの皮をチップスにしたり、大根の皮を干したり
は、ワタシにはチト高度なので
とりあえずは、大根とカブの葉がテーマ。
できることから、やらないとね

大根の葉は、かき揚げにハマってる。
菜飯も、美味しい

カブの葉は、ザクザク切って炒め煮が多いけど
・・・どうも、冴えない。
コッソリ、捨ててしまうことも、多かった

ある日。母から
「カブの葉は、下茹でしてから炒めると、ヒトツ違うわよ
と、聞きまして。

へー そうなんだ、と実践してみたら・・・

たしかーに。
これなら、イケるかも
何だろう、クセというかアクが抜けるのかな

レシピってほどのものじゃ、全くないのだけど。
「葉の下茹で」
今日は、これが、言いたくてね


カブの葉とじゃこの炒め煮
(所要時間15~30分)

kabuha (7)



材料
(作りやすい分量)

カブの葉     1束分(220g)
ジャコ      1つかみ(20g)
ごま油      小さじ2
出汁       大さじ2
しょう油     小さじ1.5
みりん      小さじ1/2~1
すりごま     大さじ1
辛い物OKなら、鷹の爪を入れても。

作り方

①カブの葉を、熱湯で1分ほど下茹でする。水気を切って、刻む。
kabuha (8) kabuha (9)
kabuha (10)
エラく立派な、葉っぱだったわ。

②フライパンにごま油を入れて、カブの葉を炒める。次に、ジャコを入れる。
kabuha (1) kabuha (2)

③全体に油が回ったら、出汁、しょう油、みりんを加えて煮る。水分が殆どなくなったら、できあがり。仕上げにすりごまを絡める。
kabuha (3) kabuha (4)

 

出汁。

料理にファイアバーニングだった頃は
カツオ節の塊を買って、毎回削っていたけど。

今や、その面影は、微塵もなく
お手軽にできる、オイシックスの出汁パックを、使っていた。

先日、出汁パックを、使い切った機会に
煮干し出汁に、切り替えることに。

実家は煮干しがメインだったし
細かいこと気にしないで良いのが、気楽でね

最近は、昆布も入れている。
kabuha (5)

コレ、友人のブログで読んで、早速実践したもの。
ホント、味に深みが出るわぁ

しかーし。
ウッカリ、昆布を入れたまま、ボコボコと煮立て
昆布が、ネバネバと糸を引くのを、繰り返した結果
(学習能力のなさが自慢よ

煮干しと昆布を、半日ほど浸水させて
火にかける前に、昆布だけ取り出すことに

それでも十分、美味しいよ


   応援、ありがとう


↑↑ここをクリックよ♪

2013.05.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 根菜

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

すくるん

Author:すくるん
マイペースで更新中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。