スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

卵黄の残り と家族のおやつ用プリン

お正月の名残は、まだ続く。

実家の冷蔵庫を開けたら
タッパーに入った、大量の卵黄を発見

pudding (12)

お正月に、鯛の塩釜焼きや揚げ物の衣でアレコレと卵白を使った、残り。
卵黄だけでは使い道がないらしい。

そこで、母の得意技
「冷蔵庫に放置プレイで腐るのを待つ」作戦。

ンマッ、んまっ、モッタイナイ
卵黄を使うお菓子は、いくらでもあるワ
腐る前に、イソイソと持ち帰ってきた

まずは、クッキー生地を仕込んで・・・
pudding (17)
クリスマスに焼いた、フロランタンとショコラサブレを作るよ。
バレンタインに向けて、レシピをアップする予定。

残りは、家にあった卵白と合わせて、プリンを焼いた。
家族のカジュアルおやつ用、バニラビーンズは入れず、砂糖もかなり控え目で。

カラメル。
ウチでは、カラメルに使う砂糖はかなーり少ない。
以前は、たっぷり作っていたけど
プリンから流れてお皿に溜まり、最後は捨てちゃうことが多くて
それが、ドウニモコウニモもったいなかった。
で、試しに量を減らしてみたら、別に何でもなかったのだ

湯せんでゆっくりと火を入れたプリンは
舌触りが滑らかで、優しい味わい
家族が喜んで食べてくれる、数少ない手作りスイーツです


家族のおやつ用プリン
(所要時間1時間以上)

pudding (15)

pudding (1)
フルーツを添えて、朝食のデザートに。



材料
(直径18㎝マンケ型)

卵        3個
牛乳       500㏄
グラニュー糖   60g
カラメル
 グラニュー糖  40g
 水       大さじ1/2
砂糖はかなり控えめなので、お好みで増量しても。ウチでは、来客向けには70gで作ってます(&バニラビーンズも入れるわ)。


作り方

①カラメルを作る。
鍋(あるいは型)にグラニュー糖と水を入れて火にかけ、濃いめの茶色になるまで加熱する。
pudding (13) pudding (14)
ワタシは、型で直接作っている。時々型を揺すって、均一なカラメル色になるように。
鍋で作る場合は、カラメル色になったら型に流す。量が少ないので、底面全体に行き渡らないかもしれないけど、マァ大丈夫。

②ボールに卵とグラニュー糖を入れて溶きほぐしたら、牛乳を加えて混ぜる。
pudding (7) pudding (8)
バニラビーンズも入れないし、牛乳は冷たいまま混ぜちゃう。

③プリン液を、こしながら型に流す。
pudding (9)

●表面の泡が気になったら、キッチンペーパーを表面に乗せて取ると良い。
(家族のおやつ用では、あまりやってない)
pudding (10)

④バットに型を入れ、お風呂くらいの温度の湯を型の2/3の高さまで入れる。150℃のオーブンで50分~1時間ほど焼く。
pudding (11) pudding (16)
焼き上がりは、揺すると表面が少しフルフルするくらい。あんまりブルブル揺れるようだったら、もう少し焼きましょう。

⑤粗熱が取れたら、冷蔵庫でしっかり冷やしてから型抜きする。

   応援、ありがとう


↑↑ここをクリックよ♪

2013.01.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ムース、ゼリー、プリン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

すくるん

Author:すくるん
マイペースで更新中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。