スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

しぼり出しクッキー

今年は冷夏
と聞いて、喜んでおりましたけど
ナニか、間違いが発生したのカシラ

暑くて、暑くて
ワタクシ、溶け焦げそうですの

冷房だけが、頼みの綱。
省エネ、掛け声倒れですわ

 

さて、本日は久しぶりにクッキーを

この暑いのに、クッキーなんか食べていられるか
と、思われる方も、いらっしゃるかもしれません。

でも、ワタクシ、全然平気ですの
暑かろうが、寒かろうが、お腹は同じように空きますわ

ただーし、食感はあっさり軽くしたい
なので、コーンスターチをチョロリと入れて

しかーも、生地を手でベタベタ触りたくない
なので、しぼり袋を使って

気温が低いと、バターが締まって生地が固くなりがち。
しぼりクッキーは、気温の高い季節の方が作りやすいと思います

しぼるのが面倒 という方はは
スプーンで生地を天板に落としても、もちろん構いません

カジュアルな雰囲気には、なるけれど
味は、変わりませんわ


しぼり出しクッキー
(所要時間30分~1時間)


sk (8)

sk (1)

材料
(約30枚分)

薄力粉         50g
コーンスターチ    25g
粉糖          30g
無塩バター      40g
卵黄          1個分
塩            1つまみ
バニラオイル     小さじ1/2
カラーシュガーなど       

作り方

①下準備
●薄力粉とコーンスターチを合わせて振るっておく。
●バターを常温に戻す。
●オーブンを190℃に予熱する(焼く時は170℃に下げる)

②ボールにバターを入れてダマがないように混ぜたら、塩と粉糖を加えてすり混ぜる。
hcook (2) sabnat (5)
バターは、ラップに包んで電子レンジで加熱。溶けやすいので、5秒単位でこまめに様子を見ながら。
バターの固さはマヨネーズ状が目安。

③卵黄を加えてすり混ぜる。バニラオイルを加える。
sabnat.jpg vs (2)

④粉を入れて混ぜる。
hcook (5) hcook (10)
粉気がなくなれば、混ぜ終わり。なるべく練らないように。

生地は、冷蔵庫で寝かせないで、すぐに絞ります。

⑤成形。今回は、太めの星口金(12番)を使用。まっすぐに絞り出した後、上部は少しひねるようにして切った。
sk (2) sk (3)
この状態で、冷凍可能。
 
●お好みで、カラーシュガーなどを上に振って
sk (4) sk (5)

⑥170℃のオーブンで、12~15分ほど焼く(様子を見ながら)
sk (6)
 
焼く前に、冷蔵庫(冷凍庫)で冷やしておくと、形がよりはっきりと出る。
sk (7)
左がしぼってすぐに焼いたもの、右が絞った後で冷蔵庫で冷やしたもの


 

家全体から、暇オーラがにじみ出ていた夜

 キミたち
一体、ナニをしとるのかね

11s (4)

11s (2)

11s (3)

補助台を、順番に頭からかぶって
になりきりモード。

聞いてみると
兄弟合作、映画「ワンワン物語」を撮影しているとのこと

プラスチック製の補助台で作った、自作の犬の面
ワタクシの、キッチンでの大事な助っ人なんですが・・・
11s (1)

ま、でも。
こんな小さな頃から、自主映画の製作とは
将来が、大いに楽しみですわね

・・・暇、ここに極まれり


   俳優枠より、芸人枠を狙うつもりですの


ワタクシへの応援ボタン。
クリックお願いできるかしら
 

スポンサーサイト

2014.07.27 | | コメント(3) | トラックバック(0) | クッキー

ノンオイル。ヨーグルト&オレンジピールのシュワシュワケーキ

寒い冬
身体に、肉布団を蓄える季節。

これは、自然の摂理だと、思いますの
抗っても仕方ないし、そもそも、抗う必要もありませんわ。
ねぇ、皆も、そう思うでしょ

そして、無情の春
現実を、突きつけられる季節。

颯爽とコートを脱ぎ捨てて、鏡の前でピシッと背筋を伸ばす。
アラ、このパンツ、お尻に食い込みそう
エエ、このスカート、いつの間にか縮んだの

しまいこんだ体重計を、引っ張り出して乗ってみると
案の定、体重がイイ感じに右肩上がり
右肩上がり、人生ならば、ウェルカムですけど
体重は、ノーサンキューですわ。

ダイエット、いたしましょう

ワタクシの理想は、くびれた腰と、引き締まった手足
常に、理想体重をキープする、強い意志

それは、見果てぬ夢・・・

 

オホン
本題に戻りますわ。

本日ご紹介するのは、ダイエッターにも、オススメできるスイーツ
以前にご紹介した、スフレチーズケーキの、ノンオイル版でございます。

クリームチーズを水切りヨーグルト、生クリームを牛乳、に置き換えるので
どうしても、コクに欠ける。
そこで、刻んだオレンジピールをタップリと混ぜ込んで、味のアクセントに

食後感は、あくまでも軽く
罪悪感は、どこまでも薄く

そこのダイエット中の、アナタ

スイーツの我慢も、結構ですけど
軽いスイーツに、小さな癒しを求めるのも
良いんじゃないカシラ~


ヨーグルト&オレンジピールのシュワシュワケーキ

hsck (6)

hsck (7)


続きを読む

2014.04.18 | | コメント(6) | トラックバック(0) | ケーキ

パンナコッタ

その昔、パンナコッタを
実家に持って行った時のこと

テーブルの上に、置いたら
弟が、しょう油をかけて食べた
「マズッなんでこの豆腐、甘いの

豆腐じゃないわよと、ひとしきり笑い

その後、母がパンナコッタを食べた。
「ヤケに、ミルク臭いわね」

・・・これ以上は、語りたくないわ

 

そんな訳で
万人受けすると思ったら、そうでもなかったパンナコッタ
でも、ワタクシは、好きですの

アッと言う間にできる、お手軽デザートなので
レパートリーに入れておくと、何かと便利

生クリームは、1パックを使い切れる量にしたけれど
牛乳を減らして、生クリームを増量すれば、よりリッチな舌触りに

フルーツを添えたり
フルーツソースを掛けたり
カラメルソースを底に敷いたり
アレンジは、お好みで

酸味や苦み、メリハリのある味と、相性ヨシです


パンナコッタ
(所要時間5~15分 ※固める時間を除く)

pc (7)

pc (6)

pc.jpg



続きを読む

2014.03.04 | | コメント(4) | トラックバック(0) | ムース、ゼリー、プリン

バレンタイン♪ マシュマロで作る簡単チョコムースと、ムースのデコレーション

最初に、打ち明けますけれど
本日のレシピは、ちょいと長いんですの

よって、最後の雑記は、省略ですわ。

 

人間、誰しも、間違いはありますわね

以前にご紹介した、マシュマロで作るチーズムース
この前、もう一度作ってみたら
あまりの酸っぱさに、目が飛び出した

何が起こったのかと、メモを読み返すと
・・・分量を、豪快に間違えている

この配合で作った人がいたら、どどどうしよう
(実際に、いたのヨ・・・

お粗末な間違いで、すみません
レシピ、修正しました。
ついでに、ちょっと変えました。

 

で、本日も、マシュマロを使ったムース
マシュマロを使うと、手の掛かる工程が省けるので
最近、凝りに凝っている
(ついでに、肩もコってるわ

工程は、いたってシンプル。
特に、難しいところも、ないけれど
材料は、チョット気持ちを入れたい

チョコレートの風味が、ストレートに出るので
できれば、製菓用の美味しいチョコレートで。

を添えれば、味も見栄えもグレードアップ
子供と一緒に作れる、簡単スイーツ。

バレンタインにも、オススメです


マシュマロで作るチョコムース
(所要時間15~30分 ※固める時間を除く)

mcm (21)

mcm (20)



続きを読む

2014.02.13 | | コメント(5) | トラックバック(0) | ムース、ゼリー、プリン

バレンタイン♪ 子供と一緒に、簡単チョコクッキー

さぁっ

モミなさい。
モミモミしなさい。
思う存分、モミまくりなさい。

エ、何をか、ですって
そりゃ、モミモミと言ったら、当たり前じゃないの

・・・クッキー生地ですわ

ちょっと、イヤだ
アナタ、何を想像したのカシラ
これは、料理ブログよ

 

オホン

そんな訳で、本日ご紹介するのは
子供と作る、簡単クッキー

ベースとなるのは、以前にご紹介した、クラム生地。
フルーツに乗せたり
チーズケーキアップルタルトの、トッピングにしたり
何かと使える、優れもの

今回は、その応用編で、クッキーに。
生地は、手でモミモミと揉んで作る。

生地は、休ませなくてもなので
思いついた時に、パッと作って食べられる

粘土遊び気分で、美味しいクッキー作り
子供達には、何ともお得感のある、イベントだったみたい


クラム生地で作る、簡単チョコクッキー
(所要時間15~30分  ※焼く時間を除く)

kncc (7)

kncc (8)



続きを読む

2014.02.08 | | コメント(2) | トラックバック(0) | クッキー

バレンタインに手作りスイーツ

バレンタイン

いたるところに、華やかなチョコレートが飾られていて
さながら、チョコ祭りの様相を、呈していますけれど

・・・よーく見ると、お値段が、ものすごく高い
一粒で300円以上とか、もはや、ワタクシの脳では理解しきれません

そんな訳で、ウチのバレンタインは、毎年手作り
しかも、あげるのは、夫だけ。

甘いものに、全く興味ない男ですから
どれだけ手抜きしても、全く問題ありませんの
ムナシイ、とも言えますわね。

それでも、ウッカリ毎年作ってしまう
我ながら、可愛らしいオンナ
(って、作っているのは娘・・・

ビバ、ホワイトデー
(ア、間違えた

 

バレンタインのお菓子について、何度か聞かれたので
手作り派にオススメのレシピを、幾つかご紹介します
(タイトルに、リンク貼ってあります)

クッキーは、焼く前の状態で冷凍できるし
焼いてからも、2週間は美味しく食べられる。
ケーキも、焼いた後で冷凍できる。

今から、少しずつ作り溜めておけば
バレンタインにはゴージャスな詰め合わせが、できますわよ~

チョコサブレ
sablechoco (7)

生地を型抜きした状態で、冷凍可能。
チョコを掛けたり、2枚重ねてクリームを挟んだり、アレンジも自在。

オレンジピール入りのソフトなチョコクッキー
chorec (12)

生地を丸めて冷凍しておけば、後は焼くだけ。
濃厚でソフトなチョコクッキー、珍しく夫が食べていた。


続きを読む

2014.02.05 | | コメント(6) | トラックバック(0) | お菓子

スフレチーズケーキ

ワタクシ、チーズケーキは、ガッツリ濃厚派ですの

以前にご紹介したものも、含めて
自分のレシピはどれも、生地の詰まったタイプ。

フワフワと、舌触りの柔らかいものは、あまり好きではなく
作ることもないだろう、と思っておりました。

だが、しかーし

ワタクシが、猛烈な俄か大ファンである、スピッツ
中でも、ローノイエでは、もはや人間国宝級の扱いである
ボーカルの草野マサムネ氏

「ソフトなチーズケーキが、好きだ」
みたいなことを、日記に記しておられたのです
(細かい内容は、忘れた)

言っておきますけど
日記を盗み読みしたんじゃ、ありませんわよ。
(アタリマエだ

日記は、スピッツのオンラインメンバーに、公開されている。
音楽の他にも、日常のちょっとしたことが、綴られていて
ファン心理、猫じゃらしで、コショコショにくすぐられますの

アー、アタシも、猫になりたい。

同じ内容の日記を、何度読んでも、決して飽きない。
それどころか、何度読んでも、ニヤニヤニヤと顔がゆるむ。

ファンとは、まことに、不思議なものですわね

 

話が、思い切り反れたわ
本題に戻って、チーズケーキ

そんな訳で、大いに発奮して
早速、スフレチーズケーキを焼きましたの。

目指したのは
チーズの風味を、しっかり感じられて
フワフワではないけど、ソフトな食感

酸味はナシでと、レモン汁を入れなかったら
どうにも、味がボケたので
バニラオイルで、風味づけ。

スピッツへの沸騰した想いが、ミッチリと詰まった
ソフトだけど、重たいチーズケーキ

全くターゲット外の、夫と娘から
想定外の、高評価を受けて
これまた想定外に、ウチの定番ケーキに落ち着いた。

・・・ま、実際に食べてもらえるわけじゃナシ。
人生、そんなものね。


スフレチーズケーキ
(所要時間1時間以上)

sck (17)

sck (18)



続きを読む

2014.01.24 | | コメント(7) | トラックバック(0) | ケーキ

バニラキプフェル

エー、皆様におかれましては
素敵なクリスマスイブを、過ごされたかしら

エ、ワタクシ
飲んでいましたわ
それはもちろん、当然でございましょう

休肝日とは、ご無沙汰で
我に返ればいつも満腹な、今日この頃。
体重計は、しまいこみましたの

余計なこと、知らぬに越したことは、ありませんものね

 

さて、クリスマスクッキー

今年は、まとめてご紹介しようと
レシピも写真も、準備したけれど

ブログ更新を、サボっていたら
あっという間に、メリークリスマス

クリスマスモードで、記事を書けるのは
ギリギリ、今日が最後ですわね
紹介できなかった分は、来年に回すことして
ラストは、バニラキプフェルで

馬蹄型が特徴の
オーストリアの、クリスマスクッキーだそうだ。

本来は、焼き立てに粉糖をタップリかけるけれど
生地がもろいので、作業中に何枚も割れてしまい
味見用のができたことも、ありましたの。

そこで、粉糖は仕上げにササっとふりかけることにして
生地の粉糖の量を増やして、甘味を補強した。

ホロホロとした食感が人気の、このクッキー。
作り方は、とっても簡単ながら、
大量の馬蹄型を作るのは、正直言ってカナーリ面倒

毎年、違う形にしようと思いつつ
馬蹄で勝負しなければ負けな気がして
ヒイコラ言いながら、頑張っている

・・・これぞ、無用な意地ですかしら


バニラキプフェル
(所要時間1時間以上)

vg (14)

vg (15)



続きを読む

2013.12.25 | | コメント(5) | トラックバック(0) | クッキー

抹茶風味のスノーボール

本日のワタクシ、大いに落ち込んでおりますの

のクリスマス・イブイブですわ。
(ポエムね

スピッツのライブ、チケットの一般発売日。
朝食もそこそこに、パソコンの前に陣取って、スタンバイ

開始時間ピッタリに、必死にボタンを押すも
全く、アクセスできず
ようやくつながったと思ったら、既に完売

考えてみたら
一般発売で、買えた試しがありませんケド 
一体、何枚販売しているのカシラッ

 

マ、でも。
泣いていたって、チケットは届きませんわね
気持ちを立て直し、前を向いて歩かなければ。

本日、ご紹介するのは
昨年のバレンタイン時期に御紹介した
ココア風味のスノーボールの抹茶バージョン。

何故かコレ、ウチでは、クリスマスの定番クッキーですの。
ホラ、緑だから(苦しいわね

配合も作り方も、ココアバージョンと殆ど同じ。
そして、紅茶バージョンもあるので
こちらも、近日中にご紹介いたしますワ。

はぁ・・・スピッツー



抹茶風味のスノーボール
(所要時間1時間以上)

sbtv (10)

sbtv (9)



続きを読む

2013.12.23 | | コメント(4) | トラックバック(0) | クッキー

サクサクのバニラサブレ

晩酌に、赤ワインをいただきましたの

先週末に飲み過ぎて、お酒を見るだけでキモチワルイ
このまま、お酒とは一生オサラバ と思ったけれど

夕食に、オリーブ入りのハンバーグを作ったら
どうにもこうにも、飲みたくなって

と言っても、グラスに軽く2杯ほど
酔わない程度に、楽しんだ。

大人な飲み方をした自分に、酔いしれちゃうわね

 

本日ご紹介するのは、ウチで定番のクッキー
シンプルだけど美味しくて、もう何年も、作り続けている。
そして、娘の好物でも、ある。

水分を、調節したり
小麦粉の配合を、変えてみたり
あれこれと試した結果、今のレシピに落ち着いた

バニラサブレ、とあるからには
バニラビーンズを、豪快に入れたいところだけど
色々な理由から(値段が高いでしょ
バニラオイルを使っている。

バニラオイルがなければ、何も入れなくても
ハッキリ言って、同じように美味しい

クッキー生地は、大体が冷凍できるので
まとめて作るのが、オススメ。
ワタシは大抵、倍量を仕込んでいます


バニラサブレ
(所要時間1時間以上)

vs (5)



続きを読む

2013.12.19 | | コメント(9) | トラックバック(0) | クッキー

フィナンシェ と牛のバニラビーンズ

最近、冷え込みますわね

真冬に短パンで歩きかねないくらい、暑がりで
電気の無駄遣いに、目をギラギラ光らせる。
そんな、気合いの入った母に、育てられたせいか
暖房には、とことんケチンボなワタクシ。

薄着に素足で、寒いサムイと、身を縮める家族を見ると
アッタリマエだと、イライラしますの。

でも、多勢に無勢
家族からの、無言の圧力に屈し
ここ数日は、朝晩、暖房のスイッチを入れて
1人、悔し涙を流している。

アンタ達、気合が足りない
着込めば、まだまだイケるハズ

 

で、フィナンシェ。

余った卵白の消費方法として、これまでに
チュイールココアチュイールココナツクッキー
を、ご紹介しましたが、本日のフィナンシェも、その1つ。
定番人気の、焼き菓子ですわね

色々なレシピが、あるけれど
ここでは、ワタシが普段作っている配合と
作る際に気を付けているポイントを、ご紹介します

焼き立ては、表面がカリッ、中はフワッとして、幸せな味
これは、ホームメイドの醍醐味
そして、時間が経つにつれて、味が馴染んで美味しさも変わってくる。

ワタクシ、味見と称して、バクバクですわ


フィナンシェ
(所要時間30分~1時間 ※寝かせる時間を除く)

financi (14)

financi (1)



続きを読む

2013.12.18 | | コメント(5) | トラックバック(0) | ケーキ

リンゴのクラムタルト

ハロー みなさま。
お久しブリブリね

最近のアタクシ
年末行事で、ファイアーバーニングでしたの。

ようやく、全てが一段落。
これからは、怒涛の勢いで、ブログ更新よっ

特技:口ばっかり)

 

さて、本日は、リンゴタルト。

メルヘンチックに、タルトを焼いて
目指すは、アリスのティーパーティ(ハ
クリスマスケーキにも、使えるかしら(エ

・・・マ、3時のおやつに、してちょうだい

ウチのリンゴタルトは、ソテーしたリンゴの上に
スライスした生リンゴを乗せて焼くことが、多いけれど
今回は少し趣向を変えて、サクサク感のあるタルトに

使うのは、以前にご紹介した、クラムタルト生地アーモンドクリーム
パーツが多くて、ゲンナリかしら。

チョット、そこのアナタ
面倒なんて、言わないで

どれも冷凍できるので
事前に作っておけば、意外と楽チン

上に散らしたクラムが、サックサク。
試しに作ってみる価値は、ありますわよ


リンゴのクラムタルト
(所要時間1時間以上)

at (1)

at (15)



続きを読む

2013.12.12 | | コメント(5) | トラックバック(0) | タルト、パイ

マシュマロで作る、簡単チーズムース

ボジョレー解禁、ですわね

お祭りは、嫌いじゃないわ
解禁日は、アタクシも、赤ワインで1人乾杯よ

と言っても、普通の赤ワイン。
しかも、飲み残し
新しいものには、飛びつきませんの

どんな時でも コスト重視
(ケチ、とも言うのかしら
船便ボジョレーを、ノンビリと待つことに、いたしますわ。

 

さて、マシュマロ。

マシュマロを使うと、簡単にムース&ゼリーができるのは、有名な話ね
ワタシも、大いに活用していて
これまでに、ミントムースゼリーミントチョコムースヨーグルトゼリーを、ご紹介しております。

今回は、チーズムースをヒトツ

を入れない、よく言えばあっさりした味わい
ぶっちゃけて言えば、コクに欠けるので
タップリのレモン汁で、酸味を効かせて。

電子レンジで、マシュマロを溶かしたら
あとは、材料を順番に入れていくだけ
失敗する方が、難しいくらいですワ。

それでも、マシュマロ効果で
舌触りは、フンワリと柔らか

マシュマロさん、アリガトウ~



マシュマロで作る、チーズムース
(所要時間5~15分 ※固める時間を除く)

chsm (10)

chsm (9)



続きを読む

2013.11.22 | | コメント(8) | トラックバック(0) | ムース、ゼリー、プリン

前菜に、デザートに。基本のシュー生地

忘年会、クリスマス会
そして、ワタクシの誕生日(それは、来年の2月

パーティーシーズン、ですわね
来客が増える家も、多いんじゃないカシラ

肩ひじ張らない「普段着のおもてなし
とか言っちゃっても、そこは、ホラ
チョットはかっこ付けたい、と思うのが、人間ってもの

そんな気持ち、アナタにはない
ワタクシには、ギンギンのバリバリに、ありますわ

そんな時、案外活用できるのが
パイやシューなどの、粉系アイテム。

市販のチーズや、ペーストでも
小さく焼いた生地に詰めれば、オシャレ度がUPしますの

そこで本日は、シンプルなシュー生地を、ご紹介します

この配合は、覚えやすさ重視で、ワタシが普段作っているもの。
他のレシピでも、全然オッケーよ。


基本のシュー生地
(所要時間30分~1時間)

pan (2)



続きを読む

2013.11.19 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 基本の生地

レンジでサッサと。ピーチゼリー

夏は、ゼリーが、美味しいですわね
旬のフルーツを使えば
テンションも、アゲアゲでございます。

そんな訳で、桃の季節、一度はゼリーを作る。

汗ダラダラは避けたいので、加熱は電子レンジで。
暑い季節は、電子レンジが大活躍

実は、これを作った直後に、夏風邪をひいた
固形物を受け付けない身体に、ゼリーが染みわたり
貴重な、栄養補給になりました


ピーチゼリー
(所要時間15~30分 ※固める時間を除く)

peachj (9)

peachj (8)



続きを読む

2013.08.02 | | コメント(6) | トラックバック(0) | ムース、ゼリー、プリン

おもてなしプリン

ワタクシ、お菓子は、アレコレと作りますの

干支が回るくらい、昔のことですけど
製菓学校に通ったことも、ありまして

気張ったケーキや、コ洒落たムースなんかを作って
子供達から、尊敬のマナコで、見つめられたいわね。

でも、一番喜ばれるのは、多分プリン
あまりにシンプルで、コ洒落ようがない・・・

マ、喜んでくれるなら、作りましょ
配合やカラメルの濃さを、チマチマと変えて
アレコレと、試している。

シンプルな家族用プリン圧力鍋で作るプリン
普段バージョンは、以前にご紹介したわ

今回のバージョンは、生クリームと卵黄が入った、少し濃厚なタイプ。
おもてなしの時に作ることが、多いかな

プリン生地は、フルフル柔らかいよりも、カチッと固めが好き
こちらも、ナイフでカットできるような、しっかりめのプリンです


おもてなしプリン
(所要時間1時間以上)

crepud (17)

crepud (15)

crepud (16)



続きを読む

2013.07.16 | | コメント(4) | トラックバック(0) | ムース、ゼリー、プリン

余った卵白で♪ 岩のようなココナツクッキー

卵白

お菓子を作ると、よく余る。
一方で、卵白だけを使うお菓子も、色々とあって
中でも、ワタシは、クッキーを作ることが多い。

以前ご紹介した、アーモンドチュイールココア&ココナツのチュイールに続く第3弾は
のような、ココナツクッキー。
割と、よく見るタイプね

砂糖は、キモチ控えめにして
ガリガリとした噛み応えの、ココナツパワーが強いものに。
バターも入っていないし
ナカナカの、ヘルシークッキーじゃないかと(よね、よね

生地は、5分もあれば、できる
湿気ないように気を付ければ、常温で、3週間は持つ

マージ簡単なので、ココナツ好きは、是非お試しを


ココナツクッキー
(所要時間30分~1時間  ※生地を休ませる時間を除く)

cococ (1)

cococ (6)



続きを読む

2013.06.19 | | コメント(6) | トラックバック(0) | クッキー

夏みかんピール入り、チーズスティック

エーと、今日も、夏みかん
ナニか、問題でも・・・

しかも、今日は、焼き直しのレシピ
ナニか、文句でも・・・

何もないようでしたら、次に進めさせて、いただきます

大丈夫ヨ。
ちょっとは変化を、つけたから

 

以前にご紹介した、パイナップルのチーズケーキ
クラムを底と表面に2段使いした、このケーキは
中身を変えて、色々とアレンジしている

今回は、夏みかんピールを、混ぜ込んで
ウチでは、割と登場回数の多い、ケーキかも。

レシピは、パイナップルの時と、殆ど変わらないので
今回は、フードプロセッサーを使わない作り方を、ご紹介します

・・・って、実は、フードプロセッサーの調子が、悪くてね。
食洗機に入れたら、変形しちゃって
フタが閉まらないの


夏みかんピール入り、チーズスティック
(所要時間1時間以上)

oreche (20)


続きを読む

2013.05.24 | | コメント(3) | トラックバック(0) | ケーキ

夏みかんピール入りのバターケーキ

夏みかんピール
まだまだ、まだまだ、ある

しかも、また、新たに仕込んだし。
気合い入れて、使わなくちゃっ

・・・エエ、その通りよ。
ちょっと、疲れてるわ

 

本日は、バターケーキ。
も子供も、食べないので
焼くのはいつも、プレゼント用

でも、ワタシは結構、好きなのよ

バターケーキの作り方は、色々あると思う。
全卵をバターに混ぜたり、別立てでメレンゲを作ったり、最後に溶かしバターを加えたり
それぞれ、美味しさが、あるわね

ワタシが、好きなのは
全卵を泡立ててから、バターに混ぜ込む方法。
1ボールで作るケーキよりは、少し手間がかかるけど
割と失敗が少ないし、何よりも、生地感が自分好み

今回は、ガッツリと夏みかんピールを、投入して
消費に、役立ってもらったわ

常温で食べることが、多いけど
暑い時は、少し冷やして食べるのも、悪くない

食べきれない分は、きちんと包んで、冷凍庫へ
解凍して、何もない時の、デザートにいかがでしょう


夏みかんピール入り、バターケーキ
(所要時間1時間以上)

orca (1)

orca.jpg

orca (16)
OPPシートに包んでリボンをかけて、プレゼントに。



続きを読む

2013.05.23 | | コメント(7) | トラックバック(0) | ケーキ

夏みかんピールを入れて、ソフトなチョコクッキー 

昨日に続き、夏みかんピールを使ったクッキーを、ご紹介。
何しろ、たーくさん作ったので
今週は、夏みかんピールに、スポットを当てまくる予定。

これは、ソフトな食感のクッキー
焼き方が、ちょっと面白くて
途中で、一旦オーブンから取り出して、生地を丸く広げる
これは、アメリカンクッキーの作り方を調べた時に、知った方法で
こうすると、中心の焼き加減が、イイ感じに仕上がる

今回は、チョコの苦みが欲しくて
製菓用のチョコを、刻んで入れたけど
チョコチップを使っても、もちろん

濃厚なチョコと、ほろ苦い夏みかんピールが醸す、大人の味。
珍しいことに、夫が、美味しいと食べていた。

・・・息子は、一口齧って、しかめ面だったけど



夏みかんピールを入れて、ソフトなチョコクッキー
(所要時間1時間程度)

chorec (12)

chorec (1)


続きを読む

2013.05.22 | | コメント(4) | トラックバック(0) | クッキー

夏みかんピール&ココナツのサブレ

大量に作った、夏みかんピール
これを使って、これまた大量の、お菓子を焼きましたの

暑い中、オーブンの熱気と、夏みかんの芳香で
ワタクシ、倒れそうでございました。

本日は、その中から、焼き菓子をヒトツ
夏みかんピールに、ココナツを組み合わせて
少し軽やかにした(つもりの)クッキー。

ピールを混ぜ込んだクッキーは、よく見るけれど
実は、焼いて水分が飛んだピールの歯触りが、チョット苦手
ネッチリ固くて、噛むと、テンション下がる

でも、これは、ココナツの食感のおかげか
歯触りが、気にならずに、楽しめたよ

クッキー好きの娘は、ツボにはまったようで
目を離した隙に、缶は空になっておりました・・・


夏みかんピール&ココナツのサブレ
(所要時間1時間以上)

orecoc (14)

orecoc (7)



続きを読む

2013.05.21 | | コメント(4) | トラックバック(0) | クッキー

マドレーヌ

マドレーヌ

初心者向けの焼き菓子
と言われることが、多いと思うケド・・・

実は、ナカナカに難しいお菓子だと思う
もちろん、それなりに美味しくは、できる。
でも、大成功ってものは、滅多にできない気がするのだ。

ワタシが、目指しているのは、サクッと切れるような食感。
上手くできたマドレーヌを、紅茶と一緒に食べるのは、シアワセな時間

そこで今回、自分なりに
マドレーヌ作りのポイントを、確認することにした。

バターを混ぜる温度、卵の泡立て方
各工程を見直しながら、作ること数回

材料も作り方も、とてもシンプルなお菓子。
それだけに、ごまかしがきかない。
ハー、お菓子って深いワー


マドレーヌ
(所要時間1時間以上)

madle (1)

wday (4)



続きを読む

2013.04.08 | | コメント(5) | トラックバック(0) | ケーキ

2つの風味で♪ パイナップルのタルト

気温が、上がってきたわね。
クッキーやタルトが、段々と作りにくくなってきたわ

作りにくい=作るのをやめる
のが、ワタシの生き様(イキザマって、ハ

大体、5月くらいでシーズン終了。
昨日、一昨日で、タルト生地とアーモンドクリームを紹介したので
それまでに、タルトのレシピも頑張ってアップしなければ

 

そんな前振りの元、本日ご紹介するのは、パイナップルのタルト。
洋梨とアーモンドクリームのタルトは、定番だと思うけど
これは、そのパイナップル版

生のパイナップルを、バターで軽くソテー
一部は焼き込んで、一部は煮詰めて上に飾る。

2つの甘酸っぱさが、楽しめるよ


パイナップルのタルト
(所要時間1時間以上)

pinetarte (7)
仕上げに、ピスタチオを散らして。

pinetarte (11)
タルト生地は、しっかり焼き込んで香ばしく。

wday (3)
仕上げのパイナップルがなくても、美味しい。


続きを読む

2013.04.02 | | コメント(2) | トラックバック(0) | タルト、パイ

基本のアーモンドクリーム

アーモンドクリーム

色々なレシピが、あるけれど
ワタシは、製菓学校で習った方法で、作ることが多い。
バター、砂糖、卵、アーモンドパウダーが同量の、ベーシックな配合。
これをベースに、アレンジするのだ。

間もなくご紹介予定のパイナップルタルトや、バナナカスタードパイなど
タルトやパイには、欠かせないアイテム。

冷蔵庫で数日は持つし、冷凍も可能なので
まとめて作っておくと、何かと便利

お菓子作り
色々なパーツを、一気に作ろうと思うと
気持ちが萎えますわね

でも、タルト生地、アーモンドクリーム、など
冷凍可能なものは、まとめて作っておくと
「手間」のハードルがぐっと下がり、ヤル気が起きるってもの

ワタシはいつも、そうしているヨ


アーモンドクリーム
(所要時間15~30分)

cdamande (1)


続きを読む

2013.04.01 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 基本の生地

基本のタルト生地

日曜日は、ブログをお休みにしよう
と、思いながら
気付くと、書いている

昨年の6月終わりからスタートして、早9ヵ月
いつの間にか、習慣になっていたのかしら・・・
(ヒマなのよ

 

本日は、基本のタルト生地。
タルトのレシピを載せたいのだけど
タルト生地、フィリング、クリーム、と順番に書いていると
ヤル気失せ失せの、長いものになってしまう

そこで、手始めに、使用頻度の高いタルトとアーモンドクリームを
基本の生地として、今日と明日に分けて、ご紹介することに。

その後、少しずつ、タルトのレシピを出していきたいなぁと・・・
(アヤシイわね

この生地は、かなり甘味控えめだと思う。

そもそもは、甘いものは得意ではない
ウチの家族向けに、作り始めたもの。

だけど、サクサク&あっさりが気に入って
今では、ワタシの定番生地に

そのまま食べるには、ちょっと甘味が・・・だけど
甘いフィリングを乗せると、ちょうど良いのです


基本のタルト生地(パートシュクレ)

patesucre (2)


続きを読む

2013.03.31 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 基本の生地

ピーナツとゴマのスノーボール

千葉県は、ピーナツの特産地なのね

茹でた落花生大好き。
この辺じゃ、滅多に食べられないゴチソウだけど
産地では、日常的に食べられるのかな

そう言えば、以前、千葉県産のピーナツパウダーをいただいた。

・・・のを、冷凍庫に入れっぱなしだったわ

 

冷凍庫から救出した、ピーナツパウダーを使って、クッキーをヒトツ
以前にご紹介した、ココアのスノーボールのピーナツ版。

白ゴマも加えたら
和テイストのクッキーになったよ。

香ばしくて、つい手が伸びる。
お茶をススりながら、食べたい感じね


ピーナツと白ゴマのスノーボール
(所要時間1時間以上)

peasn (7)



続きを読む

2013.03.29 | | コメント(2) | トラックバック(0) | クッキー

ココアとココナツのチュイール

以前にご紹介した
アーモンドチュイールのアレンジ版。

今回は、ココア生地にココナツを混ぜたものを。
色々とアレンジできるのが、チュイールの嬉しいところ
抹茶バージョンもあるので、後日ご紹介します。

ところで
チュイール(tuile)って、フランス語で「瓦」を意味するらしい。
きっと、カーブから連想された名前なのね

確か、ラングドシャ(langue de chat)は「猫の舌」の意味だったわね。
あの舌触りが、猫の舌を連想させるのかしら。

名前の由来って、考え始めると、興味深い

それにしても、瓦のクッキーと言うことは
日本で言うところの「瓦せんべい」みたいな感じ

チュイール、自分的には、ちょっとシャレたお菓子。
レトロなイメージの瓦せんべいとは、カナーリ違うわねぇ

ま、異国のものって、何となくオシャレに感じるわよね


ココアとココナツのチュイール
(所要時間1時間以上)

cocotu (9)

cocotu (1)



続きを読む

2013.03.26 | | コメント(2) | トラックバック(0) | クッキー

定番のバタークッキー

バタークッキー

レシピは、色々とあるけれど
ワタシが定番として作るのは、これ

以前にご紹介した、ショコラサブレのプレーンバージョン。
バターが多めの配合、サクサクホロホロとした食感で、美味しいの
家で食べるほか、プレゼント用にもよく使う

子供達は、小さい頃に卵アレルギーがあったので
卵を使わないお菓子を作ることが、多かった。

でも、今はその制限も、大分なくなって
作れるものの幅が、格段にアップ
プリンをオヤツにできた時は、ホント嬉しかったな~


定番のバタークッキー
(所要時間1時間以上)

sabnat (6)

sabnat (7)
ちょっと手をかけて、レーズンサンドに。


続きを読む

2013.03.22 | | コメント(3) | トラックバック(0) | クッキー

混ぜるだけ♪ 甘さ控えめのブラウニー

ブラウニー

定番人気の、チョコ菓子ですわね。
でも、ワタシ、実はあまり好きではなかった

とにかく甘くて
頭の奥が、カッキーンと痛くなるイメージ
(分かりにくいわね
1切れを食べるのが、精一杯。

でも、混ぜるだけのあの手軽さは、やっぱり嬉しい
大きな型で焼いて切り分けるから
大人数へのプレゼントにも最適だし

そこで、自分好みのブラウニーを、作ることにした
カカオの風味を前面に出して、砂糖は少し控え
食感は、ねっとり系よりも、しっとり系に。

自分でも、気に入るものができたので
レシピを、ご紹介します。

今回は、オレンジピールとレモンピールを入れたけど
ナッツを入れたり、チョコチップを入れたり、何も入れなかったり
アレンジはお好みで

順番に混ぜていくだけの、簡単ケーキ。
キッズクッキングにも、ピッタリ
ウチも近々、子供達と作る予定です


ブラウニー
(所要時間30分~1時間)

brow.jpg

brownie (11)

brownie (12)



続きを読む

2013.03.19 | | コメント(2) | トラックバック(0) | チョコ

圧力鍋で3分♪ フルフルのおひとり様プリン

圧力鍋で作る、プリン

何しろ、加熱時間が短いので
思い立ったら、すぐできちゃう

卵1つで、コップ2つ分
子供のおやつに、ちょうど良い。

自分で食べる時は
1つはできたて熱々 もう1つは冷やしてから
1日で食べきっちゃうのよ

徹底的に省力化ってことで、カラメルの代わりに、コンデンスミルク。
何も入れないで、上からシロップをかけて食べるのも、なかなかヨ

使うカップや圧力鍋の種類によって、最適の加熱時間は、異なると思うけど
コツがつかめると、すが全くない滑らかなプリンが、簡単に
オーブンで焼くプリンとは、また違う舌触りが、何とも言えません


圧力鍋で作るプリン
(所要時間15~30分)

apud (1)

apud (2)



続きを読む

2013.03.11 | | コメント(4) | トラックバック(0) | ムース、ゼリー、プリン

«  | ホーム |  »

プロフィール

すくるん

Author:すくるん
マイペースで更新中

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。